Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2005.02.27 Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2005.02.03 Thursday
シリア戦・雑感
 昨日埼玉スタジアムで行われた、
キリンチャレンジカップ2005 - Go for 2006! -
北朝鮮との試合を一週間後に控えた、最後のテスト・マッチ。
シリアと戦った日本代表は、3-0で勝利。

サッカー 日本、シリアに3−0








見れたのは、前半の20分過ぎくらいから。
松田が宮本に代わっただけだったが、カザフスタン戦と比べて、
明らかに動きが重い。

疲れがあんのかと思った。前の試合から中3日で、練習試合もこなしてるし。
失点はしないにしても、引いた相手を崩せないっていう、
毎度のパターンかと思ったんだけど。

前半終了が迫る中、加地・サントスと左右に振りまくってから、鈴木のヘッドで先取点!
やっと上がってきた感じで、ハーフ・タイム。

サッカー日本代表・先制ゴールの鈴木












後半は、やっとエンジンがかかってきた感じで、サイド攻撃に
中の枚数が揃うようになってくる。
なかなか決まらなかったが、なんと宮本のGOALで2点目。

サッカー日本代表・小笠原のゴール










シリアに退場者が出たため、シュミレーションには使えない試合に
なってしまったのは残念。
でも、ときおりヒヤっとするカウンター食うのは、なんとかしてくれ。
結局、最後に小笠原が決めて、3点目。試合終了。

★見てて思った事

1.引いてくる相手にDFラインが上げきらないと、MFに負担がかかる分
 追い越す動きが少なく、攻撃の枚数が足らない結果に。
2.カザフスタン戦では少ないタッチで運んでた小笠原、
 また足元でこねくってたろ、前半。
3.フィニッシュの精度が低いからいいようなものの、カウンターへの対応は、
 もうちょっとちゃんと打ち合わせしといてね。
4.玉田〜!!シュートしろよっ!!

5.引いてくる相手にミドルは鉄則でしょ。なんで遠藤がうつまで
 そ〜いう引き出す工夫をしないかな。

ヘッドでシリアDFと競り合う鈴木と中澤
















まあ、こんなとこかな。で結局

対北朝鮮戦、日本代表メンバー発表 中村、高原を招集

ということになったわけで。
来週9日の北朝鮮戦は、絶対勝ってくれよ
| katu | サッカー日本代表 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
2005.01.29 Saturday
カザフスタン戦、雑感
 2/9にW杯最終予選の初戦、対北朝鮮戦を控えた日本代表は、
カザフスタンとのテストマッチ。ヨーロッパ組はおらず、合宿から引き続き、
国内のメンバーで望むこの試合。

3-5-2で望むこの試合。FWは鈴木・玉田。小笠原がトップ下。
松田がCBでDFを統率。キャプテン・マークは中澤!

 珍しく、前半立ち上がりから積極的に仕掛けにいく日本。
それが功を奏したか、DFラインと重なるところから抜け出した玉田がGOAL!
そして、コーナーから松田が押し込んで2点目。
右のFKをサントスがとことこやってきて、
ゴールへ向かうボールがそのまま。。。3点目

後半に入って、玉田が決めて4点目。
ボランチには阿部が入り、FWには大黒。
そして終了間際には、田中誠に変わって、坪井!
ケガからようやく復帰してくれたな〜。

結果は、4-0で日本の勝利。

★気付いた事など

1.去年のアジアでの試合ぶりはスロースタートぶりが目に付いたが、
 この試合は最初から積極的だった。
2.右サイドの加地の上がりがよかった。もちろん対面に恵まれたのもあったけど、
 積極的に上がり見せたし、サイドのえぐりも深かった。
3.セット・プレー、流れでと、どちらもGOALを決めた。

4.特に前半だが、1タッチでのプレーを意識してたのが見れた。
 足元でボールを止めずに、横パスも少なかった。
5.守備でも徐々にだが連動する動きが、よくなってきた。
 チェイスする、カバーする、コースを消すといったことが
 チームとして繋がりで出来てきた場面があった。
6.サントスは調子ぶっこくと、相変わらず。(^o^)

まあカザフスタンが若手中心とはいっても、今年の初戦としては、
まずまずだったと思う。
でも、目指すはあくまで北朝鮮戦であり、その後のイラン・バーレーンAWAY戦だと思う。

『この3試合勝って乗り切れ、NIPPON!!』 
(マリューさんの声でヨロシクネ♪(*σσ)ノ by SEEDディスティニー)
| katu | サッカー日本代表 | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
2005.01.28 Friday
残念!準優勝だ〜。
『日本、韓国に敗れ準優勝=カタール国際サッカー』

21歳以下によるサッカーのカタール国際大会は26日、ドーハで決勝を行い、20歳以下(U20)代表の日本は同じU20代表の韓国に0−3(前半0−2)と完敗し、準優勝に終わった




 U-20日本代表がカタールで戦ってたんだけど、韓国に完敗して
準優勝。3-0だかんねー、もうちょっと接戦を期待したんだけど。

でも、この借りはワールド・ユースで必ず返して欲しいな。
この世代は北京オリンピックの中心になるわけだし。
どっちみち韓国とはまたブツかるんだからさ。
| katu | サッカー日本代表 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
2004.12.17 Friday
ドイツ戦-雑感-
昨日のドイツ戦の感想なんぞ。。。。

「キリンチャレンジカップ2004」ジーコ・ジャパンがドイツの壁に完敗した。2006年ドイツW杯出場を目指す日本代表が、W杯3度優勝、02年日韓W杯でも準優勝した強豪ドイツ代表と初対戦し、0―3で敗れた。日本は高原直泰(25)=ハンブルガーSV=が2トップの一角に入り、約半年ぶりに代表復帰のMF稲本潤一(25)=ウェストブロミッジ=が守備的MFで先発したが、攻撃陣はGKカーンから得点を奪えず、守備陣も後半3失点。来年2月9日の北朝鮮戦で火ぶたを切るW杯アジア最終予選に向けて課題を残した。


サッカー=キリンチャレンジ、日本がドイツに0―3で完敗









前半こそ0-0で終わったものの、攻め込まれるシーンが多く、最近得意な
GOALからの掻き出し技で救われる。ボランチの2人が押し込まれ、バックス
に溶け込んでるようじゃあ、カウンターも起点が後ろ過ぎて、プレスに
引っかかってばかり。
ドイツのバックスの位置取りが割りと高く保ってた。ユーロの反省?
コンパクトになった中盤を突破できない日本。
左サイドが押し込まれて、サントスは効果的に上がれない。

右サイドから何度かは、いい形を作れたものの、どうにも単発!

サッカードイツ戦・完敗の日本代表








後半は、楢崎がキャッチングにいってこぼしたところを、クローゼに
決められ失点。そこから、あれよという間に3点取られて終了。

サッカードイツ戦・攻め込む三都主









三浦淳が入って、前目に出れてからやっとサントスも動き出し、
最大の得点チャンスを作るも、カーンに阻まれる。

ジーコ監督も「ドイツ、ブラジル、アルゼンチンなど強国が相手だと
ミス絡みで失点する」と厳しい口調で問題点を明かした。

選手も試合後に『ミスが。。。』『ミスを逃さず。。。』って言ってたけど、
なんか何年も前からそんなセリフは聞いてきたはずなのに。
この後に及んで、まだ言うか!怒り

1.ドイツが中盤をコンパクトにして、ボールを止めずに前へ運んで
 シュートに結び付けていたように見えたのに対し、いちいちボール止めて
 受け手を捜してたら、そりゃ取られるでしょ。小笠原以外は、キープすら
 ままならないのに。

2.急造のバックスは分かるけど、何度真ん中空けてんだい。
 ボランチも含め、もうちょっと修正しよーぜ、試合中でも。

3.やっぱこれか。。。
 出場出来ない選手を招集して、ど〜すんの?
 試合後にコンディショニングがどうこう言ったって、しょうがないでしょ。

4.大久保、まだその程度なんだぜ。頑張らなきゃ、通用しないぜ。
 FW受難のリーガ・エスパニョーラなんだから。

代表復帰となった稲本潤一

















個人的には、出来はまだまだだけど、稲が戻ってきたのが嬉しい。
やっぱあのベビーフェイスがいないとね。グッド
| katu | サッカー日本代表 | 22:25 | comments(5) | trackbacks(6) |
2004.11.17 Wednesday
結局、なんだったんだあの騒ぎは。WC一次予選最終戦〜VSシンガポール〜
さっき、シンガポール戦が終わった。
結果は、1-0で日本の勝利

6戦全勝で、最終予選だ〜!!っていうところなんだけど。。。。
功労者だのなんだのって騒いで、結局控え組中心、国内組のみで
いくってことになったこの試合。

確かに立ち上がりはこの所、メンバー発表でしか見なかった
名前が先発に並んで、期待はいやがおうにも高まった。
前半20分くらいまでは点も取ったし、動きもよかったんだけど。

その後は、GOALを外す毎に動きも落ちていった。
後半は、攻められ過ぎでしょ。どっちが格が上なんだか。ショック

★気付いた点

1.玉田・本山のFW、小笠原・藤田のMF、みんなして動き過ぎ。
 ポスト役がいないのは分かってたけどさ、誰もボールを落ち着けらんない。
 で、先に自分達が疲れてたんじゃしょうがないでしょ。

2.トラップがみんなデカい。足元で止めらんないから、
 一人一人のとこでちょっとづつ流れていく、だからパスもシュートも
 精度が落ちる。

3.サイド・チェンジが少ない、特に大きいの。
 三浦淳も存在感を示せなかったし。


今はこの位で、また総括したいね。ハア汗汗
| katu | サッカー日本代表 | 21:37 | comments(0) | trackbacks(2) |
2004.11.09 Tuesday
声が届いたとは思えないけど、まあいいでしょ。
ジーコがシンガポール戦のメンバー発表を行った時に、

 無難に決着、だけどさ。。。。参照してみて
ついでに、こっちも指揮官殿、ご乱心!!


功労者召集のアイデアは撤回されたのだが、カズやゴンの代表への
貢献に感謝の意を表すことまで否定してわけでは、勿論なかった。
ただWC予選の場を当てないで欲しいということだった。

そんな中で、『田邊私的日話』の田邉さんや『サッカー小僧!!』さん
が提案されていた新潟中越地震へのチャリティーとして行ったら、
という提案には、うなずけるものがあった。

新潟でサッカーのチャリティー戦=12月、ジーコ監督の功労者チーム対新潟

なんとそれが、実現することになったのである。
勿論、このBlogでの盛り上がりやサポーターの声が届いたかどうかは、
定かではない。考えることは、みんな一緒ってことなんだろう。

それでも、単にジーコ批判(いや、批判したいことはいっぱいあんだけどさ汗)
だけで終わらすことなく、稚拙かもしれないがある一定のことを
実現する、っていう動きにつながったことがとにかく嬉しいんだ。拍手

鹿島の事件など、サポーターとチームの関係に焦点が当たってる時
だから余計になのかもしれないな。

来月のチャリティー・マッチ、今から楽しみにしてるよ!
| katu | サッカー日本代表 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(2) |
2004.11.06 Saturday
無難に決着、だけどさ。。。。
以前書いたように、オマーン戦勝利の後、ジーコがもらした一言が結構な騒動にまで
なってしまった、シンガポール戦のメンバーが発表された。

目新しさは無いが、大久保の復帰と控え組の先発が言明されたのが救いか。
大久保はチームはともかく、個人的には点も取ってるし動きも悪くねーし。
まあマークがしつこいと手が出ちまうのは相変わらずだけど。
スペインへの移籍もありそうだし。

控え組の三浦淳なんかを使うのは、ようやくだけどまあちょっとは前進か。
でもこないだの『B代表』からとかリーグやカップ戦で調子のいいのを
持ってきてもよかったんじゃないか、とは思う。

勝負の世界、見て楽しいかはともかく結果が出てるうちは
メンバーも『監督』も変えるってことはたしかに難しい。
でも、悪い結果が出てから慌てて変えようとしても、間に合わない
ということも考えて欲しいんだよな。

サポーターがなんと言おうと、来年の最終予選やドイツでの前哨戦『コンフェデ』は
このままでいくんだろう。ふり返って、あの時に。。。。という
思いだけはしないことを祈りたい。

オマケ) AFCからも釘を刺されてたジーコ。
    代表監督への干渉だと怒ってたけど、主催者なんだし、
    WC予選の権威を貶めることには、そりゃ文句をつけるでしょ。
    中国VS香港戦の方が気がかりではあるんだけどさ。
| katu | サッカー日本代表 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(4) |